1. TOP
  2. ブログ
  3. ホップ栽培
  4. ホップの毬花(きゅうか)が付き始めた

ホップの毬花(きゅうか)が付き始めた

ホップを定植してから3カ月が経ちます。畑では、ようやく毬花(きゅうか)が付き始めました。

 

この毬花をビール醸造に用います。毬花は何枚もの花びら状の苞葉(ほうよう)で覆われています。

この苞葉の間にルプリンという小さな黄色い粒子が詰まっています。このルプリンがビールに香りや苦みをつけます。

ルプリン

 

地下茎は定植の初年度は毬花の収穫は期待できないと言われていますが、幸運にも初年度ながら収穫が期待できそうです。